バシュラン・モンドール 約350g

今年も、珍しい『スイス産ごちそうチーズ』の季節がやってきました!

  秋から春の間にだけ作られる季節限定のチーズ。その解禁を待ちわびるファンは、最近日本でも増える一方で、チーズ好きの間では冬の風物詩となっています。


バシュラン・モンドールの故郷は、ジュラ山脈モンドール(黄金の山)一帯。バシュランといえばフランス産が有名ですが、少ないながらスイスでも作られているんです。この地域はちょうどフランスとスイスの国境にあたり、山のどちら側で作るかによって、原産国が分かれるわけです。どちらが「元祖」かについては、フランスが先だ、いやスイスだと、今でも論争があるほど。


さて、フランス産との違いは?


①使用するミルク:
フランス産の無殺菌乳に対して、スイス産は殺菌乳を使用。殺菌乳といっても、ミルクの風味を損なわない低温殺菌なので、おいしさはそのままです。


②メーカーの規模:
フランスでは大規模工場で作られますが、スイスでは今でも小さな工房で作られています。最後の大事な工程ともいえる、仕上げの熟成はたった8軒が請け負い、さらにこのうちの3軒は地元消費分を作っています。そんなわけで、圧倒的に製造量の少ないスイス産が日本に入荷するのは、まだまだわずかです。


③見た目と味わい:
表面を塩水で洗いながら熟成されますが、この洗う回数がスイス産はフランス産と比べて多いため、風味がしっかりとして濃厚です。表面がしっとりと濡れているようにみえ、オレンジ色が濃いのもこのためです。


バシュラン・モンドールの特徴は、そのやわらかな生地と独特の香り。モミの木の一種、エピセアの樹皮を巻き、エピセアの棚でじっくりと熟成させるので、木の香りがチーズにしみこんでいます。口いっぱいに広がる爽やかな香りは、まるでアルプスの森に立っているよう。できたてはビロードのような厚めの表皮に覆われていて、中は切り分けられるくらいのもっちりとした生地です。食べごろになったチーズは、とろりと流れるほど柔らかく、クリーミーでおだやかな味わいです。木箱のままテーブルに出し、中身をスプーンですくっていただきます。
秋から冬の間しか味わえない、とっておきのチーズ。チーズこだわり派の方へのプレゼントやパーティにもピッタリです。


おいしい食べ方

同じジュラ地方のすっきりした辛口白ワインとよく合います。

●チーズフォンデュのように
表皮をはずし、柔らかな中身をすくって、バゲットにつけて。茹でたジャガイモなど、温野菜ともよく合います。風味を十分引き出すため、室温に戻しておくこともお忘れなく。保存するときは表面が乾燥しないよう、ぴったりラップをかけてフタをしてください。

●フォンドール(焼きモンドール)で
残ったモンドールを焼いてもまた美味!少し硬くなったチーズでもおいしく食べられます。
表皮をはずしたモンドールに、にんにくのみじん切りと、お好みで白ワインを少しかけます。木枠をアルミ箔で覆い、180℃のオーブンへ。(オーブントースターでもOKです)アツアツになったらできあがり!


タイプ:ウォッシュ
原産国:スイス
容量:約350g(木箱を除いたチーズ重量の目安です)
乳種:牛
アレルギー原材料:乳
賞味期限:出荷日より7日以上のものをお届けします

入荷予定:11/14、12/12

※輸入品のため、入荷が遅れる場合や変更となる場合がございます

 

販売価格 7,371円(税込)
配送について クール便

この商品もおすすめです