フェタ200g

世界最古のチーズ!
古代から変わらない味わい


世界一チーズを食べる国は、どこかご存知ですか?
フランス?イタリア?いいえ、実はギリシアなんです。
そもそも、古代文化の発達したギリシアではチーズ作りも盛んで、神話にも登場するぐらい古くからチーズ文化が栄えていたようです。ヨーロッパにチーズを広めたのはローマ帝国といわれますが、そのローマ帝国にチーズを伝えたのは、ほかでもないギリシアなんです。
それほどチーズの歴史が古いギリシアだから、チーズの消費量世界一というのもうなずけます。

さて、そのギリシアで、一番人気のあるチーズがこのフェタ。消費されるチーズのうち、約50%がこのフェタです。
アテネ近郊の羊飼いが作り始めたとされ、その誕生は紀元前もの昔!なんと、現存する世界最古のチーズといわれます。古代ギリシア人も食べていたのかと思うと、その味わいもまたひとしお・・・。
フェタは、もろもろとした食感で、淡白な中にも羊乳独特のコクがあります。それほどクセはありませんが、このコクがなぜかやみつきになるおいしさです。高濃度の塩水につけて作られているので、食べるときは塩抜きを。塩水につけるのは、暑いギリシアで保存性を高めるための知恵なんです。塩抜きの方法はカンタン。水か牛乳にひたし、冷蔵庫で一晩おけばOKです。牛乳を使う方が、水っぽくならないのでおすすめです。塩抜きした後は日持ちしないので、使う分だけ塩抜きし、早めに食べきってください。

フェタを使った料理で、一番有名なのはサラダ。お好みの野菜に、フェタをほぐしてちらせばできあがり!そのほか、オムレツに入れたり、衣をつけてフライにしたりと、ギリシアの食卓には欠かせません。お酒のおつまみももちろんフェタ。角切りにしたものにオリーブオイルをかけて、白ワイン片手ににぎやかに飲んでいます。
おすすめ!フェタレシピ

塩抜きしてないフェタと、トマトをスライスし、ライ麦パンでサンドイッチに。
これだけ!でもおいしい!フェタにうまみと塩味があるので、調味料はなくてOK。フェタのおいしさを存分に楽しめます。お好みでオリーブオイルとコショウをかけても。

カレーにトッピング。いつものカレーがまろやかに。羊乳製フェタならではのコクがポイント。これはクセになります。
タイプ:フレッシュ
原産国:ギリシャ
容量:200g
乳種:羊、山羊
アレルギー原材料:乳
賞味期限:出荷日より14日以上のものをお届けします
 
販売価格 1,080円(税込)
配送について クール便

この商品もおすすめです